前へ
次へ

賃貸マンションと賃貸アパートの違い

賃貸生活を始めようと考えて物件探しを始めると、集合住宅には賃貸マンションと賃貸アパートがあることに気づくでしょう。賃貸マンションと賃貸アパートにはどのような違いがあるのでしょうか。物件を一通り眺めてみてもあまり違いがわからないこともよくあります。実は法律上で明確に定義されているわけではなく、オーナーや管理会社が入居者募集をするときにどちらを使っているかによって決まっているからです。一般的な傾向としては賃貸マンションの方が鉄筋コンクリートなどの頑強な建材を使って建てられていて、設備も充実しています。アパートは木造のことが多いのが特徴で、設備も最低限になっていることから家賃や共益費が安くなっているのが通例です。ただ、一見するとアパートのような物件もマンションになっていることも多いので、マンションかアパートかによって物件を選ぶのはリスクが高く、一つ一つの物件をきちんと確認するのが重要になります。

Page Top